ロンドンは、憧れの街でした。ホテルは、日本の至れり尽くせりという感じは無いですが、エレガントな気分でした。
ホテルならでは おもてなしサービスでVIP気分!

ロンドンのホテルで、淑女気分を満喫

ロンドンは、私の憧れの街でした。イギリスの音楽が好きで、ずっと行きたいと思っていました。紳士と淑女のエレガントな伝統と、パンクの破壊的な面の対比が魅力的です。ロンドンへ行った時の楽しみの一つが、ホテルでした。伝統と歴史のある街のホテルを満喫したかったからです。日本のホテルとの違いも体感したいと思いました。日本はカラフルな街が多いですが、ロンドンを色に例えるとグレーな感じでした。古い建物が多いからかもしれません。でも伝統を感じて、感動しました。赤い二階建てバスが指し色になった感じで、すごく素敵でした。私が宿泊したホテルは、日本でいうとビジネスクラスでした。日本のホテルの様に、至れり尽くせりという感じでは無いですが、ホテルマンの接客態度は、まさに紳士という感じで大満足でした。研修で身に付けたというのでは無く、小さい頃から躾られた自然な感じが伝わってきました。人としての気品があるという感じです。
部屋の窓から見た景色は、日本のビル街と違って、映画の中にいる雰囲気がして嬉しくなりました。歴史のある街だからこそ味わえる風景でした。気分は、すっかりと淑女でした。私は小柄なので、ベッドもバスタブも大きくて、ゆったり出来ました。ホテルでの楽しみは、ティータイムです。イギリスといえば紅茶です。アールグレイの芳醇な香りと、ゆったりと流れる時間を楽しみました。日本のセカセカした感じは全く無くて、宿泊客達もエレガントに、ティータイムを楽しんでいました。忙しく過ぎる日本での生活が、癒されるようでした。観光も楽しかったですが、ホテルで過ごした時間は、とても素敵な体験だったと思います。日本では、ついお喋りに夢中になってしまいますが、口調もユックリになっていたのが、自分でも不思議な感じでした。今でもロンドンを思い出す時は、あのホテルでの時間を思い出します。またいつか行きたいというより、戻りたいという気持ちです。

サイトリンク

Copyright 2014 ホテルならでは おもてなしサービスでVIP気分! All Rights Reserved.